【稼ぐ技術】を学習できる12月開催セミナーはこちら

【簡単セルフケア!】不安症・パニック障害・イライラの解消法

突然理由もなく、動悸やめまい、発汗、窒息感、吐き気、手足の震えといった発作(パニック発作)を起こしたことはありませんか?

  • 重大なことも些細のことでも心配や不安を感じる
  • 冷や汗をかいたり、赤面したりする
  • 不安、緊張が強くて会社や学校を休んでしまう
  • 常に緊張してリラックスできない
  • 根気がなく疲れやすい

様々なストレスの中で起こる体の不調。その感じ方も人によって大きく違います。
過度なストレスは、こころや身体の健康に影響し、病気の発症や悪化につながることがあります。

普段の生活で不安をため込んでしまったり、時にパニックに落ちってしまったり、ちょっとしたと時にイライラしてしまったりしてしまう方にお勧めのセルフケアです。
自立神経が乱れている方や不眠の方にもおすすめです。
是非試してみてください!

目次

ポイントはおでこの奥の前頭葉

パニックや不安症に陥りやすい方は脳科学的に前頭葉の血流が滞っていると言われています。

前頭葉の役割とイライラの関係

思考や判断し行動する機能を司る前頭葉は「脳の司令塔」と呼ばれ、ストレスのコントロールや感情のコントロールや、人間のあるべき行動にもつながっている場所です。

パニックや不安症の方やイライラしてしまう方は前頭葉の血流量が下がっている方が多いようです。

ですので、血流量を上げる方法を試してみましょう

①前頭葉の血流を上げるやり方①手の位置

  1. まず、おでこに片方の手のひらを乗せ、優しく包み込むようにします。
    お母さんがおでこに手をあて熱があるか確認するときのような感じです。
  2. もう片手は後頭部のくぼんだ所を包み込むようにして、ちょうど頭を前と後ろで挟んで包み込むような感じです。

②前頭葉の血流を上げるやり方②呼吸の仕方

この状態で深呼吸をしましょう。

息を吐ききった状態にし、鼻からゆっくりと肺いっぱいに息を吸い込みます。
吸うときの倍くらいの時間をかけるイメージで、口から息をゆっくりとスーッと吐いていきます。
ポイントはゆっくり長く息を吐く事です。

行う時間、回数

特に回数や時間はなく、自分が落ち着いたと感じるまで行って下さい。
手をあてるだけでも脳の血流量は上がりますので試してみてください。

まとめ

前頭葉の血流を簡単に上げる事でパニックや不安、イライラが改善できる方法の一つです。
ぜひ試してみてください。

簡単にできるケアですから、とっさに行うこともできますが、普段の習慣として隙間時間に行い脳の状態を良く保ちましょう。

もし可能であればヒーリングミュージック528Hzなどを聞きながら行うのもいいですよ。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

kuramaです。よろしくお願い致します。
詳しいプロフィールはこちらからご覧いただけます。
ご質問、お仕事の依頼はお問い合わせからお願いいたします。

目次
閉じる