【稼ぐ技術】を学習できる12月開催セミナーはこちら

【ぽっちゃり嬢さん向け】指名アップに繋がる自撮り写メ日記テクニック!

姿に自信がなくても大丈夫!写メ日記を使いこなして指名を取る方法!

容姿に自信がない女性にとって悩むのも写メ日記。だからといって自分を売り込む写メ日記をおろそかにしては、指名アップにはつながりません。

風俗嬢にとって写メ日記は第二のパネルです!スタイルに自信のある女性ばかりが写メ日記で指名を取れるわけでもないのです。

写メ日記は“自分の個性をいかにアピールするのか”が重要であり、これから解説する写真の撮り方を実践すれば、ぽっちゃり嬢さんでも指名アップに繋がります。

写メ日記を上手く活用して自分を素敵に売り込みましょう!

目次

【ぽっちゃり嬢さんがやりがちなNG写真とは?】

『1.自撮りをしない!物や食べ物ばかりの写真』

体型に自信がないからといって、自撮りをしないのは一番ダメな写メ日記です!先ほども言った通り、写メ日記は第二のパネルでもあり、自分を売り出すチラシと同じ役割があります。

お客様のほとんどがパネルに加工を施されているのは知っている為、女性を選ぶ時にパネルよりもじっくり見るのが写メ日記です。パネルでは読み取れない容姿や雰囲気目当てで写メ日記をチェックしています。

そんな中で自撮り写真もなく、物や食べ物ばかりが映っていれば、指名はおろか興味を失ってしまいますよね。指名の第一歩として、まずはお客様に興味を持ってもらうのが重要です。

だからこそ、写メ日記での自撮りは必須。自撮りをしていない女性は物や食べ物ばかりの写真は今すぐやめましょう!

『2.谷間ばかりの写真をあげている』

ぽっちゃり嬢に限らず、写メ日記の写真で多いのも谷間写真です。谷間写真は撮るのが楽であり、体型を気にせず撮れますからぽっちゃり嬢としては撮りやすい写真でもあります。

しかし、谷間写真では他の風俗嬢との差別化ができません。みんなが撮っているからこそ、スルーされがちなのも谷間写真なのです。

それに谷間写真だけでは、その女性の雰囲気が伝わりません。せっかく持っている自分の良さをアピールしないのはもったいないです!

『3.体型を気にしすぎて加工しすぎてしまう』

現在はアプリで簡単に加工が出来てしまいますよね。もちろん良く魅せる為には、加工を活用するのもひとつの手です。

しかし、体型に自信がない女性は“加工をやりすぎてしまう”傾向にあります。

誰でもコンプレックスはありますから、嫌な部分を隠したい気持ちもわからなくはありません。でも加工が不自然であればあるほど、お客様は不信感を抱きます。

それにお客様は加工前よりも悪い状態を想像してしまいます。

加工のやり過ぎはお客様が興味を失う原因ともなりますので、ほどほどにしておきましょう。自分では気づかない場合もありますから、スタッフさんに相談してみるのもいいですよ!

【ぽっちゃり体型はマイナス要素ではありません!】

体型に自信がない女性が誤解しがちなのも、ぽっちゃり=マイナス要素。

でも実際はそうではありません。

男性はぽっちゃり女性に癒し・温かみなど、男性にはない女性らしさを感じます。

それに女性が想像する以上にぽっちゃりの認識が甘いのも男性側なのです。

自分ではぽっちゃりだと思っていても男性目線はそうでない場合も多く、女性の方が体型には厳しい傾向にあります。

ぽっちゃり体型も素敵な個性のひとつ!

ぽっちゃり嬢にはぽっちゃりの良さがありますから、個性を活かした癒し・温かみなどが伝わる表情や服装を意識して写真撮影を行いましょう。

またパネマジ同様に写真だけを良く見せたところで、実際に対面した時にガッカリされてプレイがしにくくなります。

お客様は写真と違うイメージの女性が来たと思うので、いわばマイナススタート。通常は0をプラスに変えてはじめて指名となるので、余計な努力が必要となるのです。

ぽっちゃり嬢が自分の個性を活かすには、ナチュラルに写真映りをよくして、雰囲気を消さないことが重要!

ではどうすれば自分をナチュラルに売り出せるのでしょうか?

次に自撮りテクニックを公開しているので見ていきましょう!

【ぽっちゃり嬢だからこそ魅力的に!自撮りテクニック】

『1. 二重顎を隠す!頭部を少し前方に傾ける』

二重顎を隠しフェイスラインをシャープに見せるには、姿勢を正してアゴを引いた状態で、首と背中を繋ぐ骨を意識して頭部を前方に傾けます。

そうすると、真正面から撮った状態であっても二重顎が隠れて顔をスッキリ見せることが出来ます。

『2. 全身写真は片足を前に出す』

全身写真を撮影する場合は、まずは足元(足首あたり)を軽く重ねましょう。次に後ろの足のかかとに体重をかけるようにして、重ねた前足のかかとを少し浮かせます。

こちらは足の甲と股下の長さがプラスされ、普段よりも足が長くスマートにみせることができるテクニックです。

『3. うつ伏せで転がってお腹を隠す』

寝転がっている写真を撮るのであれば、うつ伏せでお腹部分を隠してしまうのもひとつのテクニックです。うつ伏せだとお腹は完全に見えませんし、隠していることがバレにくくなります。

それに寝転がる状態は恋人のようなイチャついた雰囲気も演出されるので、全体的に柔らかいイメージにもなります。

『4. お尻を強調させるポーズをとる』

ぽっちゃり嬢の武器でもあるのが大きいお尻です。男性は女性が思っている以上に大きなお尻が大好きです。

お尻写真を撮る時は、お尻をドアップにするのも良し!タイマー設定で四つん這いになってお尻を突き出す体勢で撮るのもセクシーに見えるのでオススメです。

この時、腰を地面に近づけるイメージで背中・お腹部分をお尻アップ部分で隠してしまいます。お客様はお尻に集中して目がいくので、魅力的に自分をアピールできます。

『5. バスタイム写真で妄想を引き立てる』

コンプレックス部分をナチュラルに隠したいのであれば、バススタイム写真もオススメです。バスタイムはお客様に裸を連想させることができるので、自然にセクシーな写真ができあがります。

浴槽では肌のチラ見せや浸かっている様子がわかる足首を露出させ、泡や入浴剤を使用してコンプレックス部分を隠しましょう。

バスタオルで前方を隠し、横乳部分をうつすテクニックもぜひ活用してください。

『6. 胸は見上げアングルで!パイスラも!◎』

谷間写真が多いからこそ、胸を撮る時は下から下乳がチラ見えする見上げアングルで撮ると他の風俗嬢との差別化ができます。

この時、服の中までうつして覗き見しているような気分が味わえる演出や、めくった服を唇で挟む両手で乳首を隠すなど。

ドキっとするようなしぐさをプラスすれば、より魅力的な胸の写真が撮影できます。

また着衣している場合は、カバンのヒモを斜め掛けで谷間に挟み込むようにして食い込ませ、谷間を強調する“パイスラ”写真もオススメです。

パイスラッシュ(パイスラ、π/)は、着衣した女性の胸が自動車のシートベルトやクロスボディのハンドバッグ等によって斜めに二分され、乳房が強調された状態[1]を指す日本の俗語である[2]。「π/」の表記は、日本語で乳房を表す「パイ」がギリシャ文字「π」の日本での読み方と類似することにちなむ[3]。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』くぇs

胸の形強調されるパイスラ女子 「考えた事なかった」と絶句

普段でも気になる胸元が、タスキ掛けしたカバンのヒモによってさらに強調される現象を、なんと呼ぶか? 答えは、胸元にヒモがスラッシュ状態にあるから「パイスラッシュ」。略して「パイスラ」という。

※週刊ポスト2013年8月30日号

『7. 見られたくない部分よりも目立つ位置にポーズを作る』

体型に自信がない場合、見られて嫌な部分をすべて隠すのではなく、お客様の視点を違う位置に逸らすように意識しましょう。

上半身をうつして胸の写真を撮影するのであれば、気になるのがお腹まわりですよね。こんな時は、お腹あたりに手でハートのポーズを作ると可愛くなりますのでオススメです。

他にも四つん這いの体制で肘をつき、お腹を上げて胸元で隠す。

また気になる部分よりもおっぱいの柔らかさを強調するように、乳首を指部分で隠しながらおっぱいの柔らかな部分を掴むようにして撮影しましょう。

顔周りが気になるなら頬を手で添える、口元に手でハートを作ってアゴを隠す。

足が気になるのであれば、パンツのチラ見せに目がいくように足を抱えて座り、股が中心になるように撮影する。

ベビードールを着用して柔らかい雰囲気を残しながら、エロ可愛いを撮影することもできます。

『8. 透過スタンプを活用する』

写真加工でスタンプを使用する時は透過スタンプを使用しましょう。通常のスタンプだと“ただ隠している”のと同じで、全てが隠れるため魅力的ではありません。

透過スタンプの場合、見えそうで見えないチラリズム要素が含まれていますから、こちらを上手く活用してチラ見せテクニックを使いこなしましょう!

【写メ日記テクニックまとめ】

写メ日記は他の風俗嬢との差別化が重要です。ぽっちゃり嬢にはぽっちゃりの良さがあり、そこを上手く活用できるかが指名アップのカギとなります。

・嫌な部分は隠しすぎない、ナチュラルに隠す。
・柔らかさ・温かみ・癒しを意識する。
・お客様の想像を駆り立てる。

自分の容姿に自信がなくても、他人から見れば好みの部分なんてことはよくあること。自信を持って自分の個性を売り出しましょう!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次
閉じる