【稼ぐ技術】を学習できる1月開催セミナーはこちら

酷すぎる!【匿名掲示板】書き込みお悩み解決法!!

「掲示板で酷い事を書かれていて病む」

匿名掲示板に誹謗中傷され常に気になり、病んでお店を休んでしまったり、辞めてしまったりする女の子を沢山見てきました。

掲示板の書き込みのほとんどは、ストレス発散の場所としている男性や同業の女の子です。

風俗匿名掲示板の書き込みは全く気にする必要はありません。

目次

気にする必要はない理由

【風俗匿名掲示板人気ワード!!】

第一位 本番蟻or梨(有りor無し)情報

第二位 ブスデブ等の容姿系

第三位 事実無根の架空話

【ターゲット】

人気嬢、不人気嬢、無差別

【書き込みをする人】

心無い逆恨みのお客様、心無い同店のキャスト、無関係の愉快犯

以上!!

もうわかりましたか?気にする必要のない意味!
見る必要も、悩む必要もないという事です。

あなた一人が誹謗中傷されているわけではありません。

ほとんどの女の子が同じ内容で事実無根のことを書かれているという事です。

対処法① お店スタッフに相談?

対処法としてお店スタッフに相談してもいいでしょう。

でも

気にしない、見ないように指導されるだけでしょうね。

悩みや話を聞いてもらうだけで気分的に落ち着くのであれば、お店スタッフに相談してもいいと思いますが、書き込みが改善される事にはつながりません。

対処法②お店を変える?

店を変えてもほとんど同じ内容で書き込みされます。

心無いお客様は移籍先を見つけて書き込みをしますし、どこのお店でも掲示板に書き込みストレス発散したいキャストもいます。

掲示板問題以外、客層や収入等自分に合っているお店なら辞める必要はないと思います。

対処法③弁護士に依頼して特定する?

弁護士に依頼して書き込みがなされているSNSや掲示板の運営者に対して、書き込みの削除を求めたり、書き込んだ人の情報を開示するように求めることができる場合があります。
書き込んだ人が分かれば、場合によっては、その人に対して、損害賠償を求めることも可能です。

でも

弁護士費用などを考えると金銭的なデメリットの方が高いと思います。

まとめ

見て悩むなら見ない!

これだけです。

悪口の掲示板を見て指名しないお客様がいたとしてもそのお客様はあなたに合わないタイプなので気にする必要はありません。

掲示板を参考にして指名をするお客様の数はわずかです。

写メ日記をみて指名するお客様のほうが圧倒的に多いのですから、掲示板を見る時間があるなら写メ日記を書いて自分で自分をアピールしましょう。

ついつい見てしまう悪い日課断ち切り、良いルーティンを決め、効率よく時間を過ごすことで色んなプラス思考の効果が生まれます。

気にしないのが一番の解決策ですが、ネット誹謗中傷相談センター.jp等色んなサイトで削除依頼の仕方等のアドバイスサイトもあります。

参考にしてみてください。

ところで…

掲示板の書き込みのほとんどは、ストレス発散の場所としている男性や同業の女の子ですが……

書いてる女の子も、書かれて悩んでいる女の子も、思い出してみて下さい。

風俗のお仕事を始めるまで掲示板の存在は知らなかったのでは?

知らされたきっかけ…思い出してみて下さい。

「〇〇ちゃん、掲示板に凄いこと書かれてるね!」

お客様から知らされませんでしたか?

何が書かれているのか見てしまい、掲示板デビュー。

教えるお客様は何のために、風俗で頑張ろうとしている女の子に教えるのでしょうか?

教えることでその後の掲示板の反応を楽しむ愉快犯もいますが、

「酷いことを書かれていても僕は〇〇ちゃんを応援するよ」とアピールし、ナイトになりたい系のお客様です。

来店のたびに、書かれている内容を報告し慰めたりする人もいます。

掲示板関係の話題を持ってくるお客様との会話はうまく話題を変えるようにすることが一番です。

[jin-iconbox13]「私、掲示板には興味ないの。それより○○様の○○なお話を聞きたいなぁ。○○様の事、沢山知りたいから!」[/jin-iconbox13]

あわせて読みたい
風俗嬢の接客術とは お客様にどんな風に接していいか悩んでいませんか? 究極の接客業と言われている風俗のお仕事は、 お客様に幸せや喜びの感情を与えて、対価としてお金を頂いています。 ...
あわせて読みたい
【もう病まない!!】稼ぐ為の待機中の過ごし方6選 長い待機時間が辛くて病む女の子急増!! 待機時間とは、お仕事がつくまでの合間の時間のことです。 待機には集団待機、個室待機が主流ですが、待機室自体無くデリバリ...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

kuramaです。よろしくお願い致します。
詳しいプロフィールはこちらからご覧いただけます。
ご質問、お仕事の依頼はお問い合わせからお願いいたします。

目次
閉じる