【稼ぐ技術】を学習できる8月開催セミナーはこちら

【こんなお客様は辛い】プレイがきつい…そんな時のオススメの対処法とは?【効果大!!】

この記事を読んでほしい人
  • プレイが辛くて悩んでいる
  • 辛いときの対処法を知りたい

お仕事をする中で、辛い経験が多々あると思います。

風俗のお仕事でのプレイ内容やお客様との関係による

ストレス、悩み、そういった辛い経験はありませんか?

「もうこんなお客様が来るなら、辞めたい・・・」

そのままの精神状態で放っておくと、取り返しのつかない事態になったり、体調を崩してしまうかもしれません。

そこで今回は、プレイがきついお客様への対処法を説明します。

様々な経験をした私ですが、

もうこれ以上は無理・・・

と思い実践して、効果があった対処法ですので、参考にしてみてください!

目次

激しく責められる

私たち風俗嬢にとって多い悩みの一つとして、指入れ(手マン)です。

激しく責められると痛みを伴い、傷つき、時には出血してしまう事だってあります。

指入れは日本特有のプレイでAVの影響が大きく、激しくすれば女の子が感じると思っているお客様がほとんどです。

乱暴に扱われ痛みを我慢し続けていると傷口から雑菌が入り病気になりやすくなってしまいます。

我慢した結果、翌日から出勤できなくなれば、生活に支障が出てしまいます。

なので無理に我慢をしてはいけません。

では、激しい責めを断るためにはどうすればよいのでしょうか?

言葉で回避する方法は、

  • 「私、優しくゆっくりされる方が感じるの」
  • 「私、中よりクリ派なの。だから手マンじゃなくてクンニしてほしいな」

等、お願いから始め
それでも止めない場合は

  • ハッキリと「痛い!止めて!」と強めに怒る


行動で回避する方法は

  • 「痛がる」
  • 「早くイクふりをする」
  • 「すぐに次のプレイに進める」
  • 「ウェトラを仕込む」
  • 「断る」

それでも乱暴なお客さんは、スタッフに連絡し対応してもらいましょう。

激しい指入れ以外でも、お客さまの中にはストレス発散のために叩いたり、
普通のフェラチオなのに頭を抑え込んでイラマチオさせてえずかせる等、
力ずくで自分の欲求を満たそうとするお客様もいます。

風俗嬢はそういったプレイも仕事のうちだと思い、我慢してしまいますが
絶対この人無理!という場合はハッキリと断るのが、一番の解決方法です。

  • 「優しくしてね」とお願いする
  • ハッキリと「痛い!止めて!」と強めに怒る
  • 酷い場合はスタッフに連絡し対応(出禁)してもらう

ハッキリと「痛い」と言うことは、決して悪いことではありません。

お店としても女の子を傷つける乱暴なお客様より、頑張って働いてる女の子を守ってくれます。

自分で自分の体を守りましょう!

あわせて読みたい
【痛い!ガシガシはやめて!!】激しい指入れのお客様の対処法はこれ! 私たち風俗嬢が「つらい…」と感じる悩みの一つとして、膣への指入れ(手マン)です。 ガシガシ乱暴にされたり、しつこくされると痛くて… 風俗に通う男性の多くは、指入...

嫌味や罵声を浴びせられる、プライベートを詮索してくる

風俗店を利用するお客様の中には、お金を払えば風俗嬢になんでもできると思っている人もいます。

そういったお客様は無理難題を押し付け過剰サービスを強要したり、
断ったことに腹を立てて嫌味を言ったり罵声をあびせたりしてくることもあります。

中には風俗嬢を偏見の目でみて蔑み説教をしてくる人もいます。

言葉による攻撃で女の子によっては精神的なダメージを受け、
仕事ができなくなるだけでなく私生活にも影響を与えかねません。

また、プライバシーを詮索するお客様も多くいます。
プライベートに対して聞いてくお客さんには注意しましょう。

うっかり本当の事を答えてしまうと内容によっては身バレやストーカのように
付きまとわれる可能性があり大変危険です。

いったお客様はどうすれば対処することができるのでしょうか?

嫌味や罵声を浴びせてくるお客様への対処法

  • お店へ電話する

どのタイミングで電話するかは女の子の判断に任せますが、
とにかくお店に電話してスタッフに助けを求める事を考えて下さい。

しかし、お客様の目の前で電話してしまうと逆上する可能性もありますので、
できるだけバレない状況で行いましょう。

身の危険を感じ、即電話しなければいけない状況の時は、

鍵付きならトイレに駆け込んでかけるか、部屋を飛び出して電話をしましょう。

プライバシーを詮索してくるお客様への対処法

  • 答えなくていいし、言うなら適当に答える

答えたくない内容は女の子によって違うと思いますが、嫌な質問をしてくるお客様に対しては、
聞かれても答えなくてて良いですし、答えるなら適当に答えておけば良いです。

しかし、聞かれても答えないのは無愛想ですし相手も嫌な思いをするので、
角を立てない言い方をしましょう。

デリカシーのない質問の対処法は架空の自分の履歴を作っておくことが一番です。
嘘の履歴を詮索されて何か言われてもダメージは少なくなりますからね。

あまりにもしつこい場合は、

「これ以上詮索するならお店に電話します!」

と言ってください。
それでも止めない場合はお店のスタッフに相談して対応してもらいましょう。

  • お店に電話して対処してもらう
  • 本当の事は話さない

非常識な事を言ってくるお客様には対しては相手にしない事が一番です。

それでも止めない場合は電話をしてお店側に対応してもらいましょう。

自分を守る為に必要なことですので、常に頭の片隅にこの考えを持っておきましょう!

あわせて読みたい
【個人情報は答えたくない!】プライバシーを詮索してくるお客様への対処法 プライバシーを検索してくるお客様への対処法 お客様との会話の中で返答に困る事ってありませんか? 彼氏いるの? 子供いるの? この仕事は家族に内緒? エッチな事好き...

体臭・口臭がきつい人、シャワーを浴びない人

プレイ前にお客様にしてもらいたいマナーの一つとして、

シャワーを浴びてもらうことです。

風俗嬢からしたら、どんなお客さんでもプレイ前に体を洗いたいと思いますよね?

エレベーターの中で強引にキスをしてきたり、部屋に入るなり即プレイに入ろうとする人は大抵、歯磨きやシャワーをしないままプレイに持ち込もうとしてきます。

そういったお客様の理由としては、

「シャワーを浴びる時間がもったいない!」

「即汚い方が興奮する!」など

自分勝手な考えや性癖が原因です。
女の子からしたら見た目不潔な人じゃなくても、シャワーを浴びない、歯を磨かない人とはプレイしたくないですよね?

そこで、確実にシャワーや歯磨きをしてもらうための対処法をお教えします。

  • 禁止事項をしっかり伝える

即プレイが売りのお店以外ではシャワーを浴びずにプレイすることは、
禁止事項だという事をしっかりと伝えましょう。
(口調は優しく)

シャワーが作業的にならず、お客さんに満足感を与えるように、シャワーの時間もプレイにしてしまうといいでしょう。

シャワー中にキスをしたり、
積極的にフィニッシュしない程度に優しく触ったり、密着するだけでも全然効果が違います。

時間がもったいないと思っているお客さんも逆に満足してくれますよ。

それでもシャワーを浴びてくれないのであれば、プレイを断る事も出来ますから、その点は強く主張しても良いです。

  • 禁止事項をしっかり伝える
  • 優しくシャワーを促し、シャワー中でもプレイを意識して満足させる。
  • どうしてもシャワーを浴びない人にはプレイを断る

シャワーは体を綺麗にすることと、性病をチェックする目的でもあります。
うまく誘導してシャワー無しのプレイは避けましょう。

(本番強要)過剰サービスを求めてくる

風俗嬢が一番めんどくさいと感じるお客様は、「本番強要」をしてくる人です。

当たり前の事ですが、ソープ以外の風俗店は、本番行為は禁止です。

お客様の約7割は、必ず発言するという

「入れていい?」
「入れないとイケない」
「みんなやってるから、やらないと稼げないよ」

というセリフは風俗の女の子なら言われた事があるのではないでしょうか?

中には強引に力ずくで入れようとする人もいます。

そこで、本番強要してくる人への対処法をお教えします。

  • 風俗嬢本番強要3回ルールを使う

本番交渉してくるお客様のほとんどは『挨拶』程度の気持ちで言っています。

「一応言ってみよう」程度なので本気にならず
風俗嬢本番強要3回ルールで対処しましょう。


風俗嬢本番強要3回ルール
とは、本番を断ってもしつこいお客さんの場合
3回目の要求で本強とみなして店員を呼ぶルールのことです。

風俗嬢本番強要3回ルール

1回目 やんわり拒否する
2回目 真顔で拒否をする
3回目 マジギレする(お店に連絡)

ほとんどのお客さんは交渉してくるので

1回目は軽く断ってプレイ続行
2回目「店に通報するから」と警告する。
3回目は実際にお店に通報してください。


あくまでも、この方法はよく言われている方法です。

かわし方に慣れてくると気持ちに余裕もできるので3回ルールに限りません。

大抵のお客様は挨拶程度なので、余程しつこくない場合は「ダメですよ」と数回笑って誤魔化しながら、挿入できないように体勢を変える等して、受け身から責めの体勢にもっていくと諦めてくれます。

ただし、最初から無理矢理入れようとしてくるお客さんもいます。

そのようなお客さんに対しては、即お店に電話をして下さい。

流れに任せてしまい受けてしまうとそれは違法行為です。
今後のことを考えてきっちりと断って下さい。

本番強要してくるお客さんに対しては、強い意志で断るしかありません。

禁止されていることを
強要してくる人は
お客様ではありません。

その他、本番強要以外でもできないオプションを強要したり、
有料オプションなのに料金を払わなかったり等
平気で嫌がる行為を強要するお客さんもいます。

断ってもしつこい場合はお店に連絡です。

もし、ソープ以外の店で本番行為をしてしまうと、売春行為となり
売春防止法違反になりますので、絶対にしないようにしましょう。

  • 風俗嬢本番強要3回ルールを使う!
  • 自分を守る為にはっきりと断る!
  • お店や外部に連絡をして助けを求める!

残念ながら風俗嬢にとって、本番強要客を避けることはできません。

自分の身を守る為には断る勇気が大切です

酷いことを言うお客さんにビクつく必要はありません。
本番を無理強いされた場合は、すぐにお店に連絡しましょう!

泣き寝入りする必要はありません。

自分の身は自分で守りましょう!

あわせて読みたい
当たり前に本番強要するお客様はどう対応する?【タイプ別】風俗嬢のかわし方!! 本番強要のお客様タイプ別対処法!!名言集付き。 「本番強要が多くて…」というお悩みはありませんか? しつこく言われる・・・みんなやっているから、やらないと稼げな...

性病等の病気の疑いのある人

風俗で働いている女の子は、常に性病の危険性があると言えます。

男性の性病症状の知識が少ない女の子は、気づかないうちに感染してしまったり、
怪しいと思ってもプレイを続けてしまい感染するケースもあります。

自分の身を守るためには、

性病にかかっているかお客様を見分けて対処する

ことが大切です。

男性が性病になると男性器がどうなるのか?
性病の疑いあるお客様が来たときはどうすればいいのか?

風俗で働いている女の子にとって、最も大切で知っておかなくてはいけない知識です。

そこで、性病の症状とお客様への対処法をお教えします。

  • 脱衣、シャワー時の男性器のチェック
  • 殺菌効果のあるボディソープを使う

男性器を洗う前にさり気なく異常がないかの確認をします。

性病にかかっていると尿道の先端や亀頭の部分が赤く腫れてたりただれていたりします。

下半身を洗うときは殺菌効果があるグリンスというボディソープを使いましょう。

ない場合はイソジンなどの消毒液をボディーソープにさりげなく混ぜて使用をするようにしましょう。

グリンスやイソジンソープを痛がっていた場合は特に性病の疑いが濃厚なのでプレイをやめることをオススメします。

性病の疑いがある場合にはプレイを中止するということもできますが、
ゴムをさりげなく付けて、手コキでフィニッシュしてもいいです。

疑いのある男性器を直接フェラをする行為は絶対にやめましょう。
口や喉にも感染します。


お客様にお願いをする時の注意点として、「性病」という言葉はなるべく使わず、

「炎症を起こしていますね」

「デリケートになっていますね」

などの柔らかい言葉を使いましょう。
お客様の感情を刺激することなく、ゴムを付けてもらえるように誘導できます。

それでもゴムしてくれない場合はお店に連絡をして対応してもらいましょう。

その他に性病ではありませんが、足に水虫を持っているお客様もいます。

プレイが始まるまでの脱衣時やシャワー時にチェックをしておき、
水虫を持っている疑いがあるお客様から足舐めをお願いされたら、必ず断りましょう。

  • 必ずシャワーを浴びてもらう
  • 脱衣の時の下着のチェック、シャワーの際に男性器のチェック
  • グリンスなどの殺菌効果のあるボディソープで痛がるかチェックする
  • 性病の疑いがあれば絶対に舐めない

性病客への対応方法は業種によっても違いますから事前にお店スタッフに確認をしておきましょう。

風俗で働いていると性病のリスクは高くなってしまいます


自分の身を守るためにも、性病の知識をしっかり身につけましょう!

あわせて読みたい
看護士なおちゃんの【性病の正しい知識】予防策と治療法 風俗のお仕事をする上で性病に対する知識は最も重要です。 お仕事上、常に隣り合わせの危険があるのが性病です。症状によっては生活に支障をきたす事がありますし、対処...

まとめ

風俗という仕事は、究極のサービス業だと言われています。

一緒にいる時間を幸せに感じてもらう事ができるからです。
しかしそこにつけ込んで、過剰サービスを強要してくるお客様がいる事も事実です。

そういう人はお客様ではありません!

無理な場合は、ハッキリと断りましょう!

危険を感じた場合はお店への連絡やホテルの電話を使い、助けを求めてください!

自分の身を守るために絶対に必要なことです。

辛いお客様への対処を参考にして
安全にお仕事をしていきましょう!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

kuramaです。よろしくお願い致します。
詳しいプロフィールはこちらからご覧いただけます。
ご質問、お仕事の依頼はお問い合わせからお願いいたします。

目次