【稼ぐ技術】を学習できる1月開催セミナーはこちら

風俗で働く事は違法(売春行為)なのか?

kurama
風俗店における風営法と売春防止法の関係を解説していきます。
  • 風俗の仕事って違法なんじゃないの?
  • 逮捕されないか心配なんだけど・・・

風俗未経験者は風俗が違法かどうか、逮捕されないか心配される人が多いと思います。

まず、結論から言うと風営法に従っている風俗店は違法ではありません。
ですので経営者も風俗嬢も逮捕されません。

じゃあ本番行為を行うソープはどうなの?と疑問に思い方もいると思います。

この記事では風俗は違法ではない理由と、なぜソープが営業できているのかを含めて解説します。

この記事でわかること
  • 風俗が違法ビジネスではない理由
  • ソープが営業できている理由
目次

風俗は違法な仕事ではありません。

まず初めに行っておきますが、風俗は違法でも怪しいビジネスでもありません。

kurama
その理由を解説していきます。

【理由①】風俗は法律で職業として認められている

風俗は一般的な職業と同じで、国から法律で認められた仕事になります。

風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(風営法)の中の、性風俗関連特殊営業に該当します。
※詳しくは、こちら(警視庁HP)をご覧ください。

ですので、違法な仕事ではありませんし、もちろん働いていても逮捕はされません。

ヘルス

店舗型性風俗特殊営業

2号営業 店舗型ファッションヘルス

・定義

個室を設け、当該個室において異性の客の性的好奇心に応じてその客に接触する役務を提供する営業(1号営業に該当する営業を徐く。)

引用元:警視庁 風俗営業等業種一覧

デリバリーヘルス

無店舗型性風俗特殊営業

1号営業 派遣型ファッションヘルス等

・定義

人の住居又は人の宿泊の用に供する施設において異性の客の性的好奇心に応じてその客に接触する役務を提供する営業で、当該役務を行う者を、その客の依頼を受けて派遣することにより営むもの

引用元:警視庁 風俗営業等業種一覧

ソープ

店舗型性風俗特殊営業

1号営業 ソープランド

・定義

浴場業の施設として個室を設け、当該個室において異性の客に接触する役務を提供する営業

引用元:警視庁 風俗営業等業種一覧

このように風俗の業務形態ごとに定義が法律で決められています。
一般の職種と同じでキッチリと決められた法律を守って営業していれば摘発されません。

【理由②】風俗店は売春防止法に準拠して営業している

性行為に関する法律として、売春防止法という法律が存在しています。
これは売春やそれを助長する行為を防止・処罰するための法律になっています。

kurama
売春防止法を簡単に説明すると・・・

  • 風営法に基づいて、国にきちんと営業届けを出して営業をしているのか?
  • 風俗のサービスには【挿入行為】が含まれないか?

この二点が重要なポイントになっており、健全な風俗店かどうかを判断する基準となっています。
売春防止法の詳細はこちらをご覧ください

そもそも「買春」とは、性行為(挿入行為)を行う事で対価を得る事を指します。

売春挿入行為を取り締まっている=売春防止法
風俗の営業方法を取り締まっている=風営法

風俗店は本番行為(挿入行為)を禁止しており、風営法の許可申請と届け出を得て営業している場合は違法ではありません。

ただし、本番行為可能と宣伝している風俗店は違法なので処罰の対象になります。

  • 売春行為への勧誘
  • 売春の強要
  • 売春のあっせん
  • 売春宿の営業
  • 売春場所の管理
  • 管理売春

風俗店の説明をしてきましたが、注意してほしいのが売春防止法は個人でも適用される点です。

出会い系サイトTwitterパパ活性行為をして金銭を得る行為は売春防止法に違反していますので、逮捕される恐れがあります。実際に逮捕された事例もありますので、金銭目的での性行為はやめておきましょう。

kurama
個人での売春行為は絶対にやめましょう!

ソープが営業できているはなぜ?

ソープ(ソープランド)は風営法の店舗型性風俗特殊営業のうちの、
「浴場業の施設として個室を設け、当該個室において異性の客に接触する役務を提供する営業」に該当しています。

つまり、女の子がお風呂場でお客さんの体を洗ってあげるサービスの施設ってことですね。

  • じゃあ、なんでソープは本番アリで営業してるの?
  • 売春防止法に違反してるんじゃない?


そこがちょっとグレーな部分ではあるんです。

ソープは風営法に準拠し、単純に浴室で女の子がお客様の体を洗うサービスです。

もしそこで女の子と男性客の間で本番行為があったとしても、それは自由恋愛であり、店として関与していないというスタンスを取っています。なので営業ができています。

えっ?そもそもソープは本番行為があるって前提だし違法じゃないとおかしくない?と思うかもしれませんが、それが今の法律なんです。

建前は入浴の介助サービス、本音としては本番行為ができる風俗

ちょっと話がそれますが、パチンコの換金と似たようなものだと思ってください。

現状としては、建前がある以上風営法の範囲内という事もあり許可申請は出て営業ができています。

本番行為自体は許されることではありませんので、ソープが良いか悪いかの判断としては難しいところですね。

豆知識:違法店・優良店の簡単な見分け方

風俗店で働こう!と決めて実際に働いてみると、うっかり違法営業をしている風俗店に入ってしまう事があるかもしれません。

辞めようにもすぐに辞めにくい空気感があるし、逮捕されないにしても警察のお世話になるのは嫌だ。

そんな人の為に、超簡単に違法店かどうか見分ける方法をお教えします!

優良店の見つけ方!
  • 大手風俗広告掲載サイトに掲載されている風俗店
  • 大手風俗求人サイトに掲載されている風俗店

以上です!すごく簡単です!

というのも、風俗店の広告を掲載するには、経営するための許可証を見せて健全に経営をしていると証明しなければなりません。そのため広告を掲載してる店舗は違法ではない健全な店舗だと最低限の保証はされています。

店舗としての違法性はないだけで、その店のスタッフがいい人かどうかは流石にわかりませんが。

ですので、面接を受けようと思った店舗があれば、一度ネットで調べてみてください。

掲載されていれば合法な店として営業していますので、一つの判断基準として使えますよ!

まとめ

風俗のお店は風営法と晩春防止法に遵守した真っ当なビジネスですので、違法ではありません。
ですので働いていても逮捕はされません。

しかし、許可届出をしっかり行っていないお店で働くと何があるかわかりませんので、
働く際にはお店をしっかりリサーチしてから決める事をオススメします。

また、風営法はお店だけではなく、個人にも適用されることをしっかりと覚えておきましょう。

kurama
読んで頂いてありがとうございました。


この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

kuramaです。よろしくお願い致します。
詳しいプロフィールはこちらからご覧いただけます。
ご質問、お仕事の依頼はお問い合わせからお願いいたします。

目次
閉じる