【稼ぐ技術】を学習できる8月開催セミナーはこちら

【プロ直伝!】自分に合う職場(風俗店)の見極め方はコレ!自己分析法を解説

この記事のポイント
  • 自己分析を行って、働く目的・自分の特徴・希望収入・勤務形態を書いてみよう!
  • 自己分析を基にプロフィールを作ろう!
  • プロフィールと見比べて自分に合うお店を探してみよう!

みなさんは何かを決める時に、何を基準に決めているでしょうか?

その時の流行りや衝動にかられて買ってみたのものの、結局使わなかったり改めて考えてみると必要がなかったりした事があると思います。物を買う場合は失敗してもお金を無駄にするだけですが、働く場所を間違えてしまうと大切なあなたの時間を無駄にしてしまいます。自分に合った場所で働く事で、初めてそこで使った時間があなたにとってプラスになるのです。

この記事では、お店選びで失敗しない為にあなたに合った最適なお店の見つけ方を解説していきます。

求人サイト見てるんだけど、自分に合う風俗店がいまいちわからないわ

どこまでサービスできるか決めたらー?あと勤務場所とかさー

できるだけ楽でたくさん稼げるお店が良い!他はなにも決めてないですハハハッ!!!

それ何も決めてないのと同じやないかい!!

この記事のポイントは自己分析自分のプロフィールを作成です。

解説する自己分析法で自分の潜在的な動悸や希望を書き出し、それを基にプロフィールを作成していきます。

ここでの自己分析とは、自分の特徴やどこまでの範囲で仕事ができるのか、勤務したい場所などを再認識する事になります。

自分の希望が曖昧な状態で求人情報を見ても、基準がないのでどれが良いのか判断し辛いはずです。プロフィールを作成することにより、お店を選ぶ際の最低限の基準を作ることができます。基準を作ることができれば自分に合っているお店をブレることなく選ぶ事ができます。

それでは自己分析とプロフィールの作成について見ていきましょう。

自分に合うお店を選ぶことが、長く稼ぎ続ける秘訣ですよ!

目次

自己分析してみよう

KURAMAが考えた自己分析法を解説していきますので、それぞれの項目に自分の考えを紙やメモ帳に書いていってください!

自己分析の項目
  1. 働く理由・動悸
    何が目的で働こうと思ったのか
  2. 働く期間と時間
    目的を達成するための期間と時間
  3. 勤務可能な場所
    自分が働ける場所と範囲
  4. プレイ可能な範囲
    無理をせずに行えるプレイ内容
  5. 勤務可能な風俗の種類
    デリヘル・ピンサロ・ソープ等
  6. 自分の特徴
    自分のウリにできる特徴(スリーサイズ・キャラクター等)
  7. 自分に合ったお店の価格帯
    高級店・大衆店・激安店

働く理由・動悸

まず何のために風俗で働こうとしているのか考えてみて下さい。

一般の仕事ではなく、目的や目標があるから風俗で働こうと思ったはずです。

「自分が何のために働くのか」という動機を明確にして、目標設定することがまず最初に決めなければいけないことです。

一般の仕事でも辛いことや苦しいことはありますが、風俗もそれは変わりません。辛いからといって途中で仕事を投げ出してしまうかもしれません。しかし、辛いことを乗り越えると大きなリターンが来るのも風俗です。一般の仕事では得ることができないお給料を貰うことができます。

何のために働くのか=目標を明確に定めることで、辛いことがあったとしても乗り越えることができます。

書き方の例

  • 生活が苦しいから月10万稼ぎたい
  • 専門学校に行きたいから600万貯金したい
  • 欲しい物があるから300万貯金したい
  • お店を開くため1000万貯金したい
  • 昼職(一般の仕事)では生活できないから月10万稼ぎたい

働く期間と時間

目標を立てた後は、実際に働く期間と時間を決めてみましょう。

目標達成までにどれだけの期間が必要なのか、そのため月単位でどれだけ働けるのかをアバウトでかまいませんので、考えてみましょう。目標金額や期間が決まっていない場合でも予定を立ててみて下さい。

働く期間と時間を決める理由は、目標を達成できる確率を上げるためです。

書き方の例

生活の為にしばらく月10万稼ぎたい
月10日勤務で1日5時間
期間:3年~5年間

学費のために2年で600万貯金したい
週4日勤務で1日10時間
期間:2年間

欲しい物があるから1年で300万貯金したい
週3日勤務で1日5時間
期間:1年間

お店を開きたいから2年で1000万貯金したい
月20日勤務で1日10時間
期間:2年間

昼職(一般の仕事)では生活できないから、
数年は風俗で月10万稼ぎたい

月15日勤務で1日4時間
期間:3年間

目標の金額を考えることで、その金額を目指して集中して働くことができます。風俗はお客様とのプレイ以外にも女の子が集客を行う必要があり、目標を決めずダラダラ働いているだけだとプレイも集客も力が入らず中途半端になってしまい指名を得ることができません。

また、働く期間や時間を決めておくことでスケジュールを立てることができるので、残り日数でいくら稼ぐ必要があるのか数値化することができます。数値化することによって日々目標に前進している実感が湧き、ポジティブに仕事に取り組むことができます。

勤務可能な場所

働くことができる場所・エリアを決めましょう。

風俗店がある場所は限られているので、場所を絞ることによってお店選びが格段に楽になります。送迎がなかったり、交通費がでないお店もあるいので、できるだけ楽に通勤できる範囲で決めることがオススメです。

デリヘルの場合は勤務場所に加えて、デリバリーできるエリア身バレの可能性があるNGエリアを決めておきましょう。

書き方の例

大阪市内の勤務が可能。ただし〇〇区は身バレの危険性があるのでNG。

都内での勤務が可能。出稼ぎなので寮希望

プレイ可能な範囲

自分ができるプレイの範囲を決めましょう。

風俗店は種類によって行うサービスの範囲が変わってきます。自分ができる範囲を予め決めておくことで、お店選びが楽になりますし、入店後のトラブルも回避する事ができます。

ここで重要なのが、

自分がプレイできる範囲を決めるということです!

自分ができる範囲を決めてから、それに合ったお店を見つけて下さい。

【重要】お金を稼ぐことを優先にお店(プレイ内容)を決めるのは絶対に止めましょう!

早く目的の金額を稼ぎたい!嫌だけどお金の為にハードなプレイのお店で働こう!という考えを持つことはあるかもしれませんが、絶対に止めてください。できない事を無理をしてやると体と精神が壊れてしまいます。せっかく期間を決めて目標を立てていても肉体もメンタルも壊れてしまうと続けて働くことができません。自分で決めた期間を継続してしっかり働くことで目標を達成に近づける事ができます。

実際に風俗で働いていて、ステップアップの為にハードな風俗に挑戦する事は全然かまいません。未経験の人や働く内容についてあまりわかっていない方は、実際に業務内容を調べてみて自分にできるかどうか確認しましょう。

書き方の例

未経験なので、できるだけソフトなお店で働きたい。

手コキやフェラは可能。自分の体には触れたくない。

ヘルスプレイOK。ソープのプレイにも挑戦してみたい。

勤務可能な風俗の種類

自分ができるプレイ可能な範囲を基に、働く風俗の種類を決めましょう。

ヘルスプレイが可能ならデリヘル、ホテヘル等。キス無しが希望ならピオナクラやM性感等になります。風俗の種類によってどういったサービスをしているのか違いを調べてみて自分に合った種類のお店を判断して下さい。

風俗の種類とサービスの違い
  • 店舗型ヘルス(箱ヘル)
    お客様がお店に行き、店内の個室で性サービスを提供するお店。ファッションヘルスとも呼ばれている。
  • 派遣型デリバリーヘルス(デリヘル)
    お客様がネットや電話で予約し、自宅やラブホテルに女の子を派遣して性サービスを提供するお店。
  • 派遣型ホテルヘルス(ホテヘル)
    お客様がお店(受付所)で予約し、店と提携しているラブホテル等で性的サービスを提供するお店。
  • オナクラ(オナニークラブ)
    お客様のオナニーを手を使ってお手伝いするお店。お客様からのお触りは禁止。
  • M性感
    女の子がお客様を責めるプレイのお店。ソフトなSMプレイをするイメージ。
  • ピンサロ(ピンクサロン)
    口や手を使ってお客様にサービスするお店。一回の接客時間が短い。
  • ソープ(ソープランド)
    挿入行為を含めた性サービスを提供するお店。一回の接客時間が短く客単価が高い。

客単価の大きさ

  • ソープ>デリヘル>ピンサロ・回春エステその他

風俗店の種類によって稼げる金額は変わってきます。ソープなどのハードな内容は収入が高くなります。ソフトなお店になると一回の客単価は低くなるので回数を稼がなければなりません。自分に合う種類が決まったら求人内容を見て気になるお店に連絡して、一回あたりの収入やバック率を確認することをオススメします。一日に稼げる金額がだいたい把握できるので、目標金額達成までの期間を修正することができます。

自分の特徴

自分の特徴や系統を書き出してみましょう。

お店には種類の他にそのお店の系統があります。例えばデリヘルでも人妻系・ぽっちゃり系・モデル系といった系統のお店があります。その他に女の子の特徴として、黒髪ロングやロリ系、お姉さま系といった女の子のカラーがあります。できるだけ書き出すことで、自分の特徴に合うお店を選びやすくなります。

また特徴は女の子のキャラクター付けを決めることになるので、今後入店した時の集客にも影響してきます。写メ日記でどういう情報を発信していくのか、お客様とどういう会話・話し方をするのか女の子のキャラクターによって方向性が分かれてきます。方向性によって客層も変わってきますので覚えておきましょう。

書き方の例

年齢24歳
身長167cm
スリーサイズ 84 (D) ・ 57 ・ 83
お姉さん系・スレンダー・M
黒髪ロング・白肌

自分に合ったお店の価格帯

客観的に自分を見て、どのグレードのお店で働けるのか決めてみましょう。

自分の特徴と被りますが、自分の自信の持ってアピールできる部分や、長所、特徴を書き出してみて下さい。例えば、低身長、高身長、スレンダー、ぽっちゃり、モデル体型、美肌、白肌、年齢が若い、といった内容です。

書き出した内容とまとめてみて、自分がどのグレードで働けるのか決めてみましょう。ただし、実際に面接を受けるお店は自分の思っているグレードより少し高いお店から受けることをオススメします。

グレードによる客単価の大きさ

高級店>大衆店>激安店

書き方の例

年齢が若くてスレンダーで見た目に自信があるので、高級店を希望。

自己分析を基にプロフィールを作成してみよう

プロフィールの例を作ってみました。例を参考にみなさんも一度自分のプロフィールを作ってみて下さい。

①働く理由・動機

専門学校に行くために学費を稼ぎたい。600万円以上は貯金したい。

②働く期間と時間

2年以内には600万は稼ぎたい。週4で一日10時間勤務可能。

③勤務可能な場所

大阪市内の勤務は可能。ただし〇〇区は身バレの危険性があるのでNG。

④プレイ可能な範囲

未経験なので、できるだけソフトなお店で働きたい。ヘルスプレイなら大丈夫。

⑤勤務可能な風俗の種類

デリヘル・ピンサロ

⑥自分の特徴

年齢24歳
身長167cm
スリーサイズ 84 (D) ・ 57 ・ 83
お姉さん系・スレンダー・M
黒髪ロング・白肌

⑦自分に合ったお店の価格帯

年齢が若くてスレンダーで見た目に自信があるので、高級店を希望。

【重要】プロフィールを基に最適なお店を選ぶ

完成したプロフィールを基に、求人広告と見て照らし合わせて気になるお店を選んでみましょう。できるだけたくさんお店を選んで、広告の内容について気になることは電話でバンバン質問してみて下さい。詳しい内容については面接時にしか話してくれない場合がありますので、面接の予約だけしてから他のお店にも同じように電話して質問してください。すべての店舗に対して応募して、面接を終えてからどのお店にするか判断しましょう。

一般の仕事と同じで面接に行って必ず合格する訳ではありません。それに気になるお店全て面接を受けて詳しい内容を聞かないと自分に合うお店を決める事はできません。風俗店への複数応募は当たり前ですので気にせずに複数店舗に応募してください。

まとめ

自己分析とプロフィール作成の方法を解説してきましたが、いかがだったでしょうか?

自分の基準を明確にすることで自分に合った最適なお店を見つけることができます。最適なお店を見つける、つまり選択を間違えないということは、お店選びのリスクをなくす事になります。

合わないお店で働くと時間を無駄にしてしまい、肉体的にも精神的にも壊れてしまいます。そうなると最初に決めた目標金額を稼げなくなり、目標達成することができなくなります。

自分の事を分析して自分に合う場所で仕事を行うことが目標までの近道になります。今回ご紹介した自己分析をぜひやっていただき、あなたに最適なお店を見つけてみましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

kuramaです。よろしくお願い致します。
詳しいプロフィールはこちらからご覧いただけます。
ご質問、お仕事の依頼はお問い合わせからお願いいたします。

目次